30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

グリーンレーザーポインターとレッドレーザーポインターどっちが良いか?

どんな場合もグリーンレーザーポインターが最高なのでしょうかとの質問があります。
ここではグリーンレーザーポインターとレッドレーザーポインターの利用場所を以下のようにまとめました。ご参考ください。
20140509145135
グリーンレーザーポインター
●1)会場が広い場合
遠くから見ると、やはりグリーンレーザーポインターの方が同じ出力だと断然見え易いものです。
単純に広い所だと、やはりグリーンレーザーポインターの方が適していると言えます。
●2)ハイパワーのプロジェクターを使用している場合
明るい室内蛍光灯下で使いたい、広い会場で大きな画面に投影したいとなれば、ハイパワーのプロジェクターが使用されます。
プロジェクターの輝度が高ければ、レッドレーザーポインターの明るさだと負けてしまう事があります。
だからこの場合もグリーンレーザーポインターの方が適していると言えます。
●3)20人以上、大勢の聴衆がいる場合
色覚障害者は日本人を含む黄色人種では、男性で20人に1人と言われたありふれた『普通の存在』です。
100人聴衆がいれば、単純計算では5人は会場にその様な人がいる事になります。
色覚障害者にはレッドレーザーポインターの650nm付近の長い波長は見え辛いと言うかほとんど見えません。
グリーンレーザーポインターの波長は色覚障害者のみならず一般の人にも一番見え易い波長なので、 プレゼンなどで全ての人に届けたいのであれば グリーンレーザーポインターを使うべきだと考えます。
レッドレーザーポインター
●4)寒い環境下や暑い環境下で使用する場合
実はグリーンレーザーポインターは寒いのや暑いのが苦手なのです。
その様な環境下では点灯し辛くなったり、 出力が不安定になってチラついたりしてしまうのです。
グリーンレーザーポインターが元気に最大限の能力を発揮するのは20~30℃と言う、大変狭い温度範囲なのです。
10℃以下や30~40℃以上になると、かなり不安定になってしまいます。
ですから本当にハードな環境で使用したいのであれば、やっぱりレッドレーザーポインターの方が適していると言えます。
●5)4時間以上の長時間使用したい場合
グリーンレーザーポインターは波長を変換しなければならず、また出力を安定させる為に電気的にフィードバックをし続けなければいけないので、余分に電力を消耗してしまう為に圧倒的に電池寿命が短いと言う宿命があります。
その為、4時間以上の長時間を安心して使用したいのであればレッドレーザーポインターの方が適していると言えます。
●6)暗い所で使用する場合
レーザーポインターは元々かなり明るいので、暗い所であればレッドレーザーポインターでも十分です。
勿論、グリーンレーザーポインターの方が更に明るく見えるのですが、コストパフォーマンスが問題となるでしょう。
暗い所であればレッドレーザーポインターでも十分と考えます。
●7)背景などの対象物も考慮すると・・・
これはケースバイケースなので一概には何とも言えません。
しかし『補色効果』で考えると良いかもしれません。
20140509145136
上のグラフは比視感度(見えやすさの度合い)を表したグラフです。一般的に色の見えやすさでは、緑色が一番見えやすいことがわかります。グリーンレーザーポインター(緑色光)の波長は人間の目に一番見えやすい555nmに限りなく近い532nmであり、広い会場や明るい場所でのプレゼンで威力を発揮します。
また、統計では男性の約20人に1人が赤色が判別しにくい色覚異常であるというデータもありますので、大規模な発表ではグリーンレーザーポインター(緑色光)を使用するのが望ましいと考えられます。