30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

ブルーレーザーポインターの特徴

ブルーレーザーポインターは青色の波長範囲(473nm)のレーザー光を放出するレーザーポインターです。現在、グリーンレーザーポインターは今より最も先進的な技術を採用し、レッドレーザーより明るいですので、価格も高いです。一部分のレーザーポインターの愛好者は美しいブルーレーザーポインターを選択します。
高出力ブルーレーザーポインター
Class IIIAのブルーレーザーポインターの明るさは緑レーザーより弱いですが、熱フォーカス機能(点火)はレーザーの中で一番強いです。出力パワーが高いほど目に対する危険性が強いので、使用時、是非専用レーザー保護メガネをかけることを忘れずにご注意してください。それにブルーレーザーポインターの安定性はグリーンレーザーポインターより良いです(グリーンライトは天候に大きい影響され、寒い環境に予熱する場合もあります。)。5mw以下のレーザーポインターはアメリカの販売でを許可されています。5mw以上なら特別な承認を経つ必要があります。日本ではただ1mwレーザーポインターの販売を許可されています。1mw以上と高出力レーザーポインターの販売が禁止されましたので、海外通販サイトで強力レーザーポインターが購入しかできないです。もちろん、自分と他人の安全のため、人、動物、車、飛行機、などに向けて照射しないようにご注意ください。幼い子供の手が届く場所に置かないでください。2014年6月13日(日本時間)ブラジルW杯が開幕に行われたワールドカップを楽しんでる時、2008年9月、バーレーン・マナーマで行なわれたFIFAワールドカップアジア最終予選「バーレーン対日本」で複数の日本選手から「観客からレーザーポインターによる妨害を受けた」と告げられた審判は問題が発生していることを認識しながら特に何も対処しなかったことをなんとなく覚え出しました。そんなことを発生した主な原因は持ってる方の素質の問題だと思っています。使用時にちゃんと注意しておけばよいです。