30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

レーザと普通の光とのこんな違いがある!

レーザは普通のランプの光と違い、指向性、単色性、干渉性、集約性の4大特徴を持ちます。この4つのポイントからレーザと普通の光との違いがわかります。
①指向性(上図が普通の光のイメージで、下図がレーザー光のイメージとなります。)
レーザー光のイメージ
普通のランプの光
波長は一定でも、位相や波長がまちまち。
指向性が低く、散乱してしまう。
レーザ光
波長・位相・波形が揃ったコヒーレントな光。
指向性が高く、ビーム光として遠くまで届く。
■応用分野 = 『レーザーポインター!』、光通信、レーザーレーダー、レーザーレーダー、光ディスク
②単色性
レーザは純粋な1つの色(波長、周波数)の光です。
これに対し、普通のランプからは複数の色が混じりあった光が発せられます。
■応用分野 = 分光分析、同位体分離
③干渉性
レーザー光は干渉しますが、通常の光は干渉しません。
レーザは、光の位相(波の山と谷)が時間的に揃っているため、干渉性が
良く(可干渉性)、この波を合成することにより振幅の大きい(出力の大きい)波を得ることができます。
■応用分野:ホログラフィ、精密計測
④集約性
レンズなどの光学的手段を用いれば、理論上『回析限界』まで絞り込む事が可能である為、高いエネルギー密度の実現が可能
■応用分野 = レーザー加工、レーザーメス
レーザーは20世紀最大発明の一つです。今は生活中でも作業中でもよく利用されています。カラス被害防止のための一番見やすい緑色レーザーポインターや遠隔操作でよりアクティブなプレゼンを演出するためのパワーポインターなどのレーザーポインターは様々なシーンに活躍しています。でも、レーザーポインターから発射されたレーザー光は危ないため、人や動物に向けて照射するのが禁止となっています。使用する時もレーザー保護メガネをかけ忘れず、特に高い出力パワーのある強力レーザーポインターはもっと注意すべきです。
下記の設置場所では使用しないで下さい。
・ 直射日光があたる場所や高温・低温な場所。
・ 湿度が高く結露する場所。
・ 腐食性ガスや溶剤が漂う場所。
・ 水や油が飛散したり、塵埃の多い場所。
・ 本体に直接振動衝撃が伝わる場所