30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

50億人はレーザーポインターで月に照射すると月の色はどうなるか?

地球上の50億人は同時にレーザーポインターで月に照射すると月の色はどうなるか?普通のレーザーポインターなら月は変色しません。まずは地球上の全ての人は同じ時間に月が見えないことを考えなくてはいけない。地球で同じ時間に月を見ることができる人が一番多い場所を選びる。この世界の75%の人は経度0度から東経120度までのアラビア海に住んでいる。
20140529154342
(y軸:対応経度の人口)
月の明るさを考えないと2012年12月27日の午後の2点がアメリカ東部の標準時間であり、月を照射する最も理想な時間です。その時、ボンベイとイスラマバードで満月を迎える。地球上の50億人が満月が見える。
しかし、月の見えない部分(月の裏側)で効果が見えるように、半月を対象とする。
20140529154343
品質のよい5mwレーザーポインターは地球から月の地面までにレーザーを照せるが、レーザーの光束をたくさん分散した。地球大気層も光に影響がある。大部分の光は月の表面に照せる。分散した光束はマークの部分にある。
20140529154344
例えば、その50億人は同時にレーザーを点灯する。
実験効果画像:
20140529154345
どうして効果がない?
実際には、太陽が月に照射すると1000W/m²以上に達ます。月の断面は約10^13 m²で、約10^16W単位の太陽光を受けることができる。そして、50億人に分けると平均には一人200万Wになる、5mWのレーザー光に比べると酷く強い。
もし1000mwの高出力レーザーポインターならどうなるか?
50億人に1000mwのグリーンレーザーポインター(グリーンのレーザーが一番見やすくて明るい)で月に照射した効果はどうなるか。
実験効果画像:
20140529154345
グリーンレーザーポインターのレーザーで広さ5弧点、光輝度150ルーメンの光柱が照射できるので、懐中電灯よりもっと明るい。光は月の表面照度を半ルクスに上り、太陽も130000ルクスを提供できる。例え50億人は同じ位置に向けて、月表面10%の部分を6ルクスの照度を上がることができる。
“ナイトsun”という名前は聞いたことがないと思うが、映画で見たことがあるでしょう。“ナイトsun”とは、警備ヘリコプターや海ガードヘリコプターなどに取付ているの探照灯である。光輝度は50000ルクスに達ち、夜は昼間のようになる。
ナイトsunの光柱は何度の光があるから、レンズで光柱を集中でないと、
20140529154346
目にくいけど、少し効果があるそう。ナイトの光柱は20ルクス照度が提供できるので、月の他部分も明るくなる。