30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

とっても簡単なレーザ出力測定方法

ネットで強力レーザーポインターを購入する方が多くなりましたが、買ったレーザーは本当に表示されたような出力パワーがあるかどうかわかりませんね。今日はちょっと家でも簡単にレーザ出力を測定する方法を紹介いたします。皆さん、ご参考になれば幸いです。
レーザ用出力計で測定するのが一番早くて正しい方法ですが、一部分のお客様はレーザーポインターを初めて使うので、わざわざレーザ用出力計を買う必要がありません。
こんな人におすすめの簡単なレーザ出力測定方法
50mw以上のレーザーポインターは焦点を調整してマッチに火をつける可能。
80mw~100mwのグリーンレーザーポインターの焦点は1秒以内にマッチに点火できる。
グリーンレーザーもレッドレーザーも200mw出力パワーであれば、焦点でタバコに点火できる。

自分で測定する時にご注意の点
レーザーポインターの出力とクラス表示:
クラス1
概ね0.2mW(単位:ミリワット)前後の出力。100秒間瞬きせずに直視しても問題無いとされます。主に玩具用。
クラス2
1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされます。主にプレゼンテーション用。
クラス3A
1mW~20mWの出力。直視してしまっても瞬きなどで回避できる場合があります。望遠鏡などで直視した場合は目に致命的な損傷を与えます。
クラス3B
500mW未満の出力。光学ドライブのレーザーがこれにあたります。光線の直視はいかなる場合でも避けなければいけません。
クラス4
500mW~10000mWの出力。温度上昇により照射部分が発火することもあります。マッチ、タバコを点す可能。レーザーショー向け。
どんなレーザーポインター(1mwのレーザーポインターも含め)を使ってもレーザー保護メガネを必ずかけてください。