30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

レーザーポインターのカラー(レッド、イエロー、グリーンなど)の説明

初期のレーザーは633nmのヘリウムネオン(HeNe)で採用したガスレーザーです。一番安いレーザーポインターが670nm/650nmに近い深紅色レーザーダイオードで作られています。ちょっと高いのは635nmのレッドとオレンジのダイオードを使っています。この波長は色覚障害者のみならず一般の人にも一番見え易い波長ですから。他の色のレーザーポインターもあります。皆さんがよく知ってるレーザーは532nmのグリーンレーザーポインターです。
近年、593.5nmのイエローとオレンジのレーザーポインターが出てきました。2005年9月に473nmのブルーレーザーポインターが登場し、2010年に405nmの青紫レーザーが登場しました。
レーザーポインターの明るさを出力パワーと表面反射率で決めるだけではなく、人間の色覚も重要な原因です。例えば、520~570nmのグリーンレーザーが人の目に一番見やすい?
人間の目に最も敏感な520~570nmの緑の光であり、レッド或いはブルーの波長は人間の視感度が緑の方より低いので、同じ出力パワーの場合に緑の光が他の色の光より明るいです。

20140522144656

●レッドの光
初期のレッドレーザーポインターが1980年に登場し、数百ドルの大きくて重い設備である。現在は携帯便利に安価に製造できる。
●イエローの光
金色に近いイエローカラーのレーザーポインターです。
色味のキレイな波長593.5nmであり比較的明るく視認性も良好。
イエローレーザーポインターくらいでしょうか。かなり希少です。
珍しいカラーですので、グリーンやブルーと比べると高めの価格です。
プレゼンに使用すればその注目度はかなりのものでしょう。
●グリーンの光
グリーンレーザーポインターはレッドレーザーポインターより8倍明るいです。夜は手元から天空まで青の光線が見える。天文愛好者は天体観測時や星空観望会のときに星座の解説や、綺麗な星空を楽しめる指し棒としてよく利用している。
緑の光のレーザーポインターは出力パワーにより多種類ある。日本では1mw以上のレーザーポインターは販売禁止となっている。高出力レーザーポインターを買うなら海外通販サイトで購入しかできない。
●ブルーの光
ブルーレーザーはグリーンレーザーのような明るさはありませんが、
逆にまぶしさは少ないので、目的によりとても使用しやすいレーザーポインターです。
●パープルの光
405nmの青紫色レーザダイオードの波長を有する紫色光は、紫外光、低視認性に近い半導体レーザであるが、紙幣と試験化学物質の役割と、蛍光を刺激することができる。スペクトルの紫外線の終わりに非常に接近する。