30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

必見!ネットからまとめたレーザーポインターの知識

お客様の要求によりネットからレーザーポインターについての知識をまとめました。
ご参考になれば幸いです。

一、レーザーポインターの予熱時間

冬に使用するなら、レーザーポインターは予熱する必要がある。
一部分のレーザーポインターは夏にも2-3秒予熱する必要がある。
レーザーポインターは動作温度に大きく依存しますので、高温雰囲気、低温雰囲気での点灯と連続点灯に影響がある。それは正常な現象です。
例えば、冬は寒くて、レーザーポインターは完全に起動してない場合、手でちょっと握ると点灯します。

二、違う出力パワーのレーザーの威力

50mwの532nmグリーンレーザーポインター

ゴミ袋に火をつける可能。
100mw532nmグリーンレーザーポインター
タバコに火をつける可能ですが、ちょっと5分間ぐらい必要となる。
焦点ならすぐマッチに火をつける可能。
532nm200mwグリーンレーザーポインター
タバコに火を5分間ぐらいつける可能。
1秒間ぐらいマッチに火をつける可能。
手に向けて照射すると1秒間ぐらい針で刺すほどチクチクする。
532nm300mwグリーンレーザーポインター

(200mw以上のレーザーはもう強力レーザーポインターですので、ご使用祭に注意してください。)
3秒以内にタバコに火をつける可能。

三、レッドレーザー・グリーンレーザー・パープルブルーレーザーの区別

●グリーンレーザーポインターは一番明るい
①200mwのレッドレーザーは100mwのグリーンレーザーの明るさとほぼ同じだ。
②レッドレーザーの熱フォーカス機能(点火)はグリーンレーザーより強く、200mwのレーザーポインターはタバコに火をつける可能。
③パープルブルーレーザーの明るさは他のレーザーより弱いけど、50mwのパープルブルーレーザーの熱フォーカス機能(点火)は100mwのグリーンレーザーと同じだ。
明るさ:グリーン>レッド>パープルブルー
価格:レッド<グリーン<パープルブルー
熱フォーカス機能(点火):グリーン<レッド=パープルブルー
安定性:グリーン<レッド=パープルブルー(グリーンライトは天候に大きい影響され、寒い環境に予熱する場合もある)

四、目にビームが見えるパワーはどのぐらい必要なんですか?

グリーンレーザーの例
10mw-30mw: 目に見える緑の点/点灯された場所で目に見える緑のビーム
50mW - 80mW :以上の2点、煙や霧で目に見えるビーム、黒や色の濃い風船を割る
100mW - 180mW:以上の4点、黒いゴミ箱に穴を作る、マッチに火をつける
200mW - 1000mW:以上の6点、タバコに火をつける