30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

レーザーポインターの故障の主な原因は知っています?

最近、レーザーポインターやレーザーライトを使ってる方が多くなったそうです。一二年間使用しても故障していないこともあり、一二ヶ月後に故障が発生した場合もあります。実はレーザーポインター本体の性能不足以外には正しい利用もとっても重要です。
よく発生してる故障の主な原因をちょっと説明致します。
①レーザーポインターが点灯しない
●過熱焼損
長時間連続使用して発熱過ぎるので、レーザーポインターのモジュールが焼損した。
回路の部品が焼損するというトラブルが多発していたのである。晶体のほうが焦げたことが多い。
この場合はモジュールを交換するしかない。
●不注意でレーザーポインターを落下させたり、ぶつけたりする。
衝撃などに強くないので、落下させたりぶつけたりしてモジュールは壊れやすいです。もしそうしたらレーザーポインターは点灯しない故障になる可能性が高いです。
製品本体の性能や晶体の品質がよくない、回路不安定。
●正極と負極を逆転して電源接続 すると、レーザーモジュールは即故障するので要注意です。
②レーザーポインター光
レンズがホコリなどで汚れてしまうと、集光できなく、レーザー光が弱く、射程が短くなったトラブルを招く大きな原因となります。
グリーンレーザーポインターの場合、二つの白斑点を見ること。
●温度が低いので、完全に起動しなく、二つの白斑点を見ることとなる。
温度が上げるとともに、良くなる。
●晶体本体は不安定です。
★★★レーザーポインターの使用祭の注意点
レーザーの使用において、温度に敏感な固体結晶の冷却をポインター内部で行うのは難しい為、注意事項があります。メーカーによりますと、強力レーザーポインターは出力が高ければ高いほど、温度が急激に上がりますので、短い時間で単発で使用するなど熱を貯めないように使用しないと故障の原因になるようです。お気をつけ下さい。逆に温度が低すぎるとレーザーモジュールが正常に点灯しないこともあります。
衝撃にも強くないので落下にはお気をつけ下さい。
又、光が弱いなと思ったら、電池が放電してしまっている可能性がありますので、電池を交換してみてください。レーザーを保管するときは、電池を抜いて保管して下さい。