30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

405nm同じ出力青色レーザーポインターの特性

 

445nmレーザーポインター
405nmは、ブルーレイレコーダーに使われているダイオードです。
こちらのダイオードは、660nmレッドより数倍高価です。
しかも、光線はレッドより見えにくくなっておりますが、威力は600mw以上出せるのと光線がめちゃくちゃ細く出来るので一点集中させるパワーが化け物青色レーザーポインターです。
レーザーポインターの中で一番、一点集中させる強さがあるのがこのパープルレーザーです。
445nmのブルーレーザーほど威力はない物の、一点に集中させるパワーが強いので
同じ出力のレーザーポインターであるなら、405nmのパープルレーザーが断トツに強いのです。
DVDは4.7GBだけど、ブルーレイは25GBとかありますよね。
それは、405nmパープルレーザーの光線がめちゃくちゃ細いから同じディスクの大きさでも
これだけの容量が引き出せるのです。
超強力青色レーザーポインターは、光線がほとんど見えませんが、こちらのレーザーも光が広がりにくいため、長距離からマッチを点火させる事が出来ます。
それは、パープルレーザーの光線の広がりにくさと一点集中させるパワーがあるから可能な芸当なのです。
おそらく、2Wブルーレーザーより600mwのパープルレーザーの方が遠くのマッチを着火させる事が出来るはずです。
445nmのブルーレーザーの特性は後で説明しますが、パープルレーザーは光線も見えにくいし
おもしろくないレーザーですが、内に秘めたるパワーは、レーザーポインターの中では1番でしょう。
1064nmのIRレーザーダイオードを使用していて
結晶に光を当てて、1064nm→532nmに波長を変換してグリーンの光を出してい
よって、ゴーグルを購入する場合は、532nmの波長だけではいけません。ます。
この変換率は100%ではなく、1064nmのIRレーザーも少し出ています。
532nm~1064nmに対応したゴーグルを買わないと、直接目に入った場合は
グリーンだけカットしても、IRはそのまま目に入ります。
IRレーザーは、まぶたを閉じても目の中に入るので、そこがおそろしい所です。
532nmのグリーンレーザーで目を失明させたり、視力を低下させる事故が一番多いレーザーでもあります。
また、イタズラに一番使われやすいレーザーでもありますね。
このレーザーポインター 緑 は、出力が安定しない為、パワーメーターで測定すると上がり、下がりが激しいです。
外気温度は、20度くらいが一番出力が出やすく安定しますが
寒い冬だと、出力が上がるのに時間がかかったりします。
ダイオードの耐熱性能が非常に悪く、熱であっけなくご臨終になります。
グリーンレーザーは、色々とショップで販売されていますが
性能の多くは、悪い物が大半です。
性能の良いグリーンレーザーは、100mwくらいの出力で2万円くらいします。
安物だと、2000円とか3000円で買えますが、値段なりですし
すぐに壊れます。 レーザー手袋