30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

レーザーを点けるとかなり光線

ハイパワー 3Wレーザーポインター

レーザーの光線を見るためには

会議などのプレゼンのためだけにレーザーを購入する方は別かもしれませんが、レーザーの光線を見るのもレーザーのひとつの楽しみです。

そこで、光線を見る場合、空間にレーザーの光が干渉するような浮遊物があったほうがいいわけです。一番いいのは、演出などで使われているスモークマシンですが、これはわりと高価ですし、普段は使わないものですから、そこまでしたくないという人も多いでしょう。そういうときには、タバコの煙でレーザーの光線を見ることができます。

タバコの煙をレーザーの道筋に当てるだけでもギラギラとしたレーザーポインター 緑を見ることができますが、できれば室内にタバコの煙をある程度充満させてからレーザーを点けるとかなり光線が見えるようになります。もちろん室内の明かりを消したほうがいいのですが、高出力のレーザーなら多少明るいところでもギラギラした光線がはっきりと確認できます。

レーザー光の特徴

高出力レーザーポインターの最大の特徴は、高いコヒーレンス(可干渉性)。レーザー光のコヒーレンスは、空間的コヒーレンスと時間的コヒーレンスに分けて考えられています。

光の空間的なコヒーレンスは、光の波面の一様さを計る尺度で、レーザー光はその高い空間的コヒーレンスにおいて、ほぼ完全な平面波や球面波を作ることができる。このためレーザー光は長距離を拡散せずに伝搬したり、非常に小さなスポットに収束したりすることが可能になる。この性質は、ブルーレーザーポインターや照準器、また光ディスクのピックアップ、加工用途、光通信など分野に用いられています。

つまり、簡単に言えばレーザー光線というのは、家庭内などの照明とは違い、光が拡散することなく一直線に進む特性を持っているということです。そのため、どこまで届いているかわからないくらいの長距離を光が進んでいくことでできるわけです。これはレーザーのひとつの特性ですが、レーザーはさまざまな分野で応用されてるのです。

一般に、時間的コヒーレンスの高い光ほど単色性が良いとされていて、完全な単色光は一定の周波数の三角関数であらわされるので、そのコヒーレント長は無限大。高い時間的コヒーレンスを持つように配慮して設計されたレーザーは、ナトリウムランプなどよりもはるかに良い単色性を示す。レーザーの時間的コヒーレンスはレーザージャイロのように干渉を利用した応用において重要。また、レーザーの単色性は、レーザー冷却などの用途に重要