30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

明度が類似した色の見分けが困難

レーザーポインター強力

レーザー 裏表紙および置かれる 熱心な電池 (ノート: 電池の肯定的なターミナル の方 尾)
合われる エンドキャップ エンドキャップ プラスチックの ボタン、力 表示燈 (赤)、 青い レーザーの切換え なる。
スイッチ 長く 出版物 ありなさい 黄色灯 フラッシュ3回、それから解放しなさい、 レーザー ライト。
レーザー 開始 レーザーポインター レッド2000mw のため 最高力、 スイッチを押しなさい 再度 より小さいのに 力。

ある色と、それにRGBの赤成分または緑成分を足した色が区別しにくくなります。「紫と青」「緑と茶色」 「赤と茶色」など。

・彩度の高い色に比べ、彩度の低い色ではさらに識別が難しくなります。「水色とピンク」「灰色と淡い水色、薄緑」など。

・赤と緑の一方の視物質がない分だけ色の識別において青視物質に依存する度合いが高いため、青色への感度はむしろ高い面があります。赤と緑や黄色と黄緑は ほとんど同じ色に見えるが、緑と青緑は全然違う色に見えます。

・色相(色あい)の見分けが苦手な分、明度や彩度の差にはむしろ敏感であり、同系色の明暗の識別には支障は少ないです。

・大半の色が区別できるため、区別できないところにさらに色分けがあるとは考えない傾向があります。そのため色分けに気付かないことがあります。色盲でない人の色覚に合わせて作られた「色名」(色のカテゴリー)に、色盲の人はうまく対応できません。そのため色名を使ったコミュニケーション が困難になります。

例1:同じような色刺激に複数の色名が存在する場合→ 第1,第2色盲のシミュレーションの3段目と4段目。色盲の人にはほとんどの色が茶 色に見えていますが、色名には緑、赤、オレンジ、茶色などの分類が存在し、混乱の原因となります。

例2:まったく違って見える色に同じ色名が使われている場合→ 第1,第2色盲のシミュレーションの5段目と6段目。緑と青 緑は同じ色のカテゴリーに入れられていますが、色盲の人にはまったく違う色に見えています。同様に、黄緑と淡い青緑もまったく異なる色に見えているのに、 同じ緑のカテゴリーに分類されています。これもまた混乱の原因となります。 赤色レーザーモジュール

・赤~緑の波長域において、明度が類似した色の見分けが困難になっています。図3の、黒い実線から右(長波長)側の「赤~緑の領域」で、色の差が小さく なっています。この範囲では点線を中心に左右の色がほぼ対称に見えていて、「赤と緑」「黄緑と黄色」の差が特に小さくなっています。

・さらに第1色盲では、最も長波長側の視物質に変異があるため、赤が暗く感じられます。そのため「濃い赤」はほとんど「黒」に見えます。

・第2色盲では、まん中の波長域の視物質に変異がありますが、この波長域は赤と青の視物質でもカバーされるため、緑が暗く感じられることはありません。 レーザーポインター 青 強