30000mwブルーレーザーポインター
レーザーポインター 超高出力
カラスレーザーポインター撃退3000mW
新着のレーザーポインター
いつでもどこでも簡単にお買い物

レーザーポインター 失明?自分の目を守る

レーザーポインターで左目を台無しにした者だけど質問ある?

レーザー目を直撃すると失明の危険がある。

規制適合の1ミリワット未満のレーザーポインター 失明の可能性は低いが、ハイパワー品を扱うと危険性は飛躍的に高まる。そして極めて重要なことに、誰かをレーザーで失明させる危険と同様に自分を失明させてしまう危険もあるのだ。
レーザーの危険性を承知していても、予想外の鏡面反射を食らって自爆することもある。
更に、赤外線レーザーという厄介者が存在する。趣味のレーザーで扱う機会の多い赤外線LDやYAGレーザーは、肉眼では見えないか非常に暗くしか見えない。そのためうっかり目に入っても気付かないことがある。実際、イタズラではなく大学等における事故となると、YAGレーザーが圧倒的に多いという話もある。光線が見えなくてもダメージは食らう

そこで、レーザーから目を保護するために危険なレーザーポインターの出番だが、それはそれで制約がある。

可視光レーザーの場合、完全にレーザーが見えなくなると作業性も大幅に悪化する。

光軸調整等が非常にやり難くなる。また、YAGレーザーなどはゴーグル着用の有無によらず見えないため、これまた調整が大変だ。

それらの問題を解決する最強兵器。それが赤外線ビデオとヘッドマウントディスプレイのコンビである。

レーザはp型、pn型、n型半導体を挟み込む形の構造を取ってる。 
そこでp型の正孔とn型の電子がpn型に集結して、直線上の光が放出される。 
この光をコヒーレント(干渉系)光と言い、すなわち、人為的に作り出された光。 
これがLDの原理。 要するに、LDは本来、自然界においては有り得ない光を無理矢理、半導体の配置構造で作り出してる仕組みということ。 

そのため、自然発光(拡散する光)するLEDに比べると強力な光(常に一直線の光)を放出してるわけさ! 

だから、LEDは目に当てると視界が霞むだけだけれども、LDの場合には、目を強く刺激してしまう。 

俺がガキの頃にはすでにレーザーポインターは危険だから気をつけろみたいなこと言われてたな 

ですが、はっきり言っておきます。
知恵袋で「レーザーポインター失明しますか?」なんて、100mWレーザーってるうちは購入しないことをお勧めします。
厳し言い方ですが、無知な方が持つにはあまりにも危険なものです。
どうしても欲しいのであれば、危険性やそれこそ英語の勉強、人体に対する影響を勉強した上で、購入してください。